医師の年収や給与を高いのか安いのかと簡単に分別することはできないでしょうが、実際に医師として働いている方々にとっては、無視できない要素であることは間違いありません。

日本で最も多くの割合を占めている内科医の医師

特に日本で最も多くの割合を占めている内科医の医師にとってはとても気になるところですよね。

転職や転科を考えているならなおさらでしょう。

医師の収入を正確に把握するのは非常に難しいのですが、内科医として働く医師の平均年収は1300万円前後と言われています。

調査する機関によっては1200万円~1500万円程度としているところも多いです。

そうした調査結果やデータをまとめると、やはり1300万円前後に落ち着くのではないでしょうか。

月収で考えると100万円前後。100万円に届かない程度の月収で、プラスボーナスという形が最も実態を示しているのかもしれません。


給与額は年代ごとに差がある

給与額は当然のことながら、年代ごとにかなり差があります。

20代で1000万円を受け取れる内科医はまずいません。

受け取っている人でも900万円から950万円程度にとどまるでしょう。

1000万円をオーバーするのは30代になってから。

30代の後半になると大半の医師が1000万円を超え、大体この年齢で平均に近い1200万円ほどを受け取れるようになります。

受け取ることができる給料の額の差が最も顕著になるのは40代かもしれません。

1000万円に届かない医師もいますし、2000万円を超える人もいます。

もちろん最も多いのは平均の1300万円前後の医師ですが、それよりも多くの額を受け取れるかどうかは転職や転科の成否にかかっていると言えそうです。


内科の中での専門科によっても収入は異なる

内科と言っても、どこを専門にしているかによっても収入は変わってきます。

上記で示したのは一般内科の収入ですが、専門性が出てくると収入も上がる傾向があるため、転職する際にはそれも考慮しなければなりません。

消化器を専門とする医師は30代から半分程度の割合で1400万円を超えています。

50代になると8割程度が1400万円を超えてきますから、収入という面で見れば非常に魅力的。

循環器や呼吸器、泌尿器などでも似た傾向が見られるため、やはり専門性を有していると、それだけ多くの収入が得られるといえます。


東京で働くということ

また、東京で働くと、その他の仕事では年収額が高くなる傾向がありますが、医師に限ってはそうとも言えません。

医師の数が多くはない地方の方が給与額は高く、東京のような都会では需給のバランスから収入面ではどうしても地方ほどの待遇とはなりにくいでしょう。

もっと言えば、東京のような都会では、収入の多い医師と少ない医師の差が大きいのが現状なのです。