何を持ってキャリアアップなのか、この点を整理しなければ断定することは難しいのですが、内科医の場合、転職によって更なるキャリアを手に入れることは十分に可能でしょう。

収入のアップを目的とする選択

医療的な能力を向上させるという点で見ても、今の職場を飛び出すことで、より高度な知識や技術を手に入れることが可能です。

しかし、医局にいたままの方が最新の医療情報が手に入りやすい現状があるため、もしそこから出るのであれば、その後は積極的に、また貪欲に情報を獲得していかなければ、この点においてのキャリアアップは難しいかもしれません。

収入のアップに重点を置くのであれば、これも今の現場を離れることで、よりその可能性は高まります。

東京都内はあまり給与が高くないと言われていますが、それは病院によりけり。

しっかりと探せば満足のいく給与額を提示してくれる病院も見つかるはず。

転職活動次第では、収入を上げることそのものはさほど難しくはないのです。


開業をするという選択

開業することでも多くの医師は収入をアップすることができます。

年齢やこれまでのキャリア、能力などにもよりますが、開業という道も一つの選択肢として考えられるでしょう。

役職や地位に関しては、なかなか難しいところ。医局にそのままとどまった方がチャンスはあるのかもしれません。

しかし、トップに上り詰めることができるのはごく一部の選ばれた人たちだけ。

その可能性がほとんどないと悟った時点で外へ飛び出し、別の病院で新たなキャリアをスタートさせた方が、役職や地位を手に入れられやすいという考え方もあるでしょう。

大学病院とその他の病院では、同じ役職でも地位的に異なることがありますが、そのあたりをどう割り切るのかという点にも関わってきます。


自身がどうなっていきたいか考えていることがポイント

内科医のキャリアアップというのは、結局は本人がどう考えているのかが最も重要なポイント。

上で紹介したように、内科医としての能力に重きを置くのか、それとも収入アップを望むのか、はたまた役職や地位を優先させるのか、この選択によって今の現場を飛び出すかどうか、あるいは新たな勤め先の選択なども変わってくるのです。

それとは別に、転科によってこれまでとは違ったキャリアに進む内科医もいるかもしれません。

内科から他の診療科目への転科は容易ではありませんが、能力と努力があれば不可能ではないはず。

若ければ、より可能性は高まります。

新たな能力を手に入れ、それが求められる現場に行くことができれば、これも立派なキャリアアップと言えるでしょう。


医師向けの転職サイトに相談することも一つの方法

どのようにキャリアを形成していくのかは、医師自身が決めること。

しかし、転職するかどうかも含め、判断が難しいのも事実。

そうしたこともすべて合わせて、エージェントやコンサルタントと呼ばれる医師向けの転職サイトに相談してみてはどうでしょうか。

きっと自分では見えなかったキャリアの形成方法や進むべき道を指し示してくれるはずです。